fc2ブログ

バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

Salon du Chocolat

伊勢丹のSalon du Chocolat(サロン・デュ・ショコラ)に行きました。

今年は2013年1月23日(水)~28日(月)の実施でした。


…とはいえ、例年同様に混雑や行列がすごいことになっていて、
すでに人気や話題のショコラはほとんど品切れだったので、
私はその場で気になったものだけを買うことにしました。
まあ毎年そういう行動が多いですが…

フレデリック・アヴェッカー「ショコラ・アソート(6個入)」(2,100円)

「2011年にMOF取得したばかりという気鋭のショコラティエ」とのことで、
日本では今回初出品だそうです。

「メキシコ、チベット、スリランカ、エジプトなど。
食べるだけで、その土地を訪れたような気分になる「ショコラの旅」がコンセプト」

…ということで、アヴェッカー氏のイメージする国々に思いを寄せて作られているそうです。
本来は12個入りですが、こちらは6個入りの「ショートトリップ」バージョンだそうです。



アヴェッカー氏のものでは雪の結晶をモチーフにしたショコラが人気のようでしたが、
すでに品切れで残念でした。

今回ショコラで買ったものはこれだけです。
あとは札幌で、何か気になるものを見つけたら買ってみようかと思います。

ただこれだけでは寂しいので、いつものようにイートイン…というか、
その場で立ったまま、カジュアルに食べられる「お菓子」をいくつか買いました。

アンリ・ルルー「クイニーアマン」(315円)





「バター感たっぷり。ブルターニュ地方の伝統的なお菓子クイニーアマンに、
C.B.S.(塩バターキャラメル)を包み込みました」

文字通りバターの風味がすごいです。キャラメルはとろけていてメイプルのような風味が加わっていました。

食べる前から組み合わせの相性のよさが想像できますね。期待通りの味わいでよかったです。

周囲には立ったまま食べる人がたくさんいて、香りのよさがさらにお客さんを誘っていたようです。

ファブリス・ジロット×エコール・クリオロ「フォンダンショコラ・ペッシュ」(450円)


「(焼きたてを会場で!) たいへんにしっとりとしたチョコレートケーキ。
ジロット氏とのコラボレーションのもと「エコール・クリオロ」のパティシエである
サントス氏が作るこだわりのフォンダンショコラ。
ピーチの香り豊かなガナッシュがとろっととろけたときの「うっとり」をお楽しみください」

買う時に、もしかして札幌でも販売されるかと思いましたが、
こちらはサントスシェフとのシェフ同士のコラボなので、おいそれと大量輸送などは難しいようです。


その場で食べるのがいちばんと思いつつも、諸事情でホテルまで持ち帰りました。


熱湯の蒸気を使って、できるだけ温めてみましたよ(笑)

とろけた食感を感じられてよかったです。
桃はフレーバー程度なのかと思っていたら、刻んだ桃が入っていて、
しっかり風味を感じられました。

そして最後に、やっぱりこれも…

サダハル・アオキ・パリ「東京焼きマカロンショコラ・マッチャ」(380円)

これまでとは逆に、ショコラの生地に抹茶のマカロンを組み合わせています。

こちらも都合でその場では食べられなかったのですが、
冷めていたほうがマカロンの食感自体はよく感じられると思います。

ちなみにアオキさんは、今年の札幌での実演販売は、クロワッサン等のヴィエノワズリーになるそうですね。
ヒカリエや、伊勢丹の地下でもたまに販売しているのを見かけますが、実演販売とはちょっと楽しみですね。
(買えるかどうかはわかりませんが)

いわゆる「イートイン」のお菓子は、カジュアルに、簡単に買ったように見えるかもしれないですが、
どれもものすごい行列で、「最後尾」の看板を持ったスタッフが出動していました。
ただ、私はショコラだけでなく全てについて「長時間並んでまでは買わない」と決めていたので、
どれも早い時間・遅い時間や、行列の途切れる時間帯などを狙って、ほとんど並ばずに買ったものです。
(そのぶん度々足を運ぶことになりましたが…元々そういう行動予定(?)だったのです)

年々その場の思いつきでばかり買うようになって、
ショコラに対する素人加減を露呈する結果となっています(汗)が、
やはりこの高揚感はたまらないものがありますね。
情熱補給のために、来年以降も可能な限りは訪問してみようと思います。
そして、もうすぐ札幌での実施も始まりますね。そちらも楽しみに待ちたいと思います。
comments(0)|trackback(-)|サロン・デュ・ショコラ、その他|2013-01-29_20:18|page top

コメントの投稿

非公開コメント