バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

JRタワーホテル日航札幌(SKY J)


JRタワーホテル日航札幌
(SKY J)
札幌市中央区北5条西5丁目5 TEL011-251-6377(直通)
11:30~14:30 ランチバイキング
大人2,200円 小学生1,100円 4歳~小学生未満500円
(全て税込)

 ●定刻と共に入店
 ●予約可。ただし席への案内は店に着いた順
 ●全席禁煙
 ●500円プラスでワイン(赤白)飲み放題
 ●毎日実施だが貸切等で実施しない場合あり

ランチに行きました。

今回は少し短いインターバルでの訪問となりました。


1月は「厳寒を楽しむホット&スパイスメニュー」だそうです。


ブッフェ台の様子










































以下は有料(別料金)のドリンクです。




名称は可能な限り控えましたが、例によって一部不明瞭です。

実演
スペイン産イベリコ豚のロースト レンズ豆添え網走産山わさびのノワゼットソース


肉の味わいがきちんと感じられてよかったです。ソースもよく合うように考えられていますね。

カットはやや小ぶりですが食べやすくてよかったです。

道産ツブ貝とニセコ産北あかりのブルゴーニュ風クミンの香り、
磯香るタップナードを乗せた歯舞産ソイの蒸し焼きムール貝と岩海苔を使ったソースで


老油紅焼鰈魚丁(四川の香料油「老油」を使った鰈の辛味醤油炒め)、
葱香焼鶏球(四川山椒油を使った鶏モモ肉の香り葱ソース炒め)、
沙爹香焼腩(豚バラ肉のオーブン焼き蝦のエキスが溶け込んだ香味醤油で)


牛すね肉の赤ワイン煮込み十勝産トラ豆を添えて、2種のレンズ豆入りインドの”ダールカレー”


肉、魚料理も種類が豊富ですね。歯舞産というソイは大きなカットで置かれていて、
好みで切り分けるようになっていました。

厚岸産アサリ貝を使ったホタテ貝とモロヘイヤのペペロンチーノ柚子の香り、
北海道産小麦使用の生パスタ仔羊と十勝産長芋のラグーソース松の実の香り


霊茸芝士香炒飯(ハクレイタケと道産牛挽肉のチーズ風味炒飯)、
黒醋辣香滑蛋麺(江蘇省の黒酢を使った酸味と辛味の煮込み麺)


パスタ等の麺類、炒飯等も豊富です。
ラグーソースのショートパスタはコンキリエかフィジリのような感じで、
モチモチした食感が本当に印象的でした。

カツオのカルパッチョ生姜とグリーンオリーブを使ったタップナードソース北海道産黄人参とご一緒に、
三文魚捲辣黄瓜(トラウトサーモンと中華ピクルスの巻き物マスタードソースがけ)、
イタリア産”モルタデッラ”と豚舌のテリーヌ


猿払産帆立と海老のオレンジマリネターメリック風味のクスクスとご一緒に、
道産大豆を使った自家製胡麻豆腐ビーツコンソメのロワイヤル仕立て、ほうれん草のフォンデュ


鶏胸肉のテリーヌ根菜のラタトゥユとご一緒に、
日高産毛蟹とニセコ産北あかりのクロケットフヌイユの香るレムラードソース、
十勝産黒豆と胆振産ベーコンの冷製クリームポタージュ


前菜も力が入っていますね。品数合わせ的なメニューのないのに驚きます。
コールドミートの類はあまり好まないですが、
モルタデッラはうずたかく積み上げるような配置で、ちょっと食べてみたくなりました。
カツオのカルパッチョはお刺身のようでよかったです。

ジンジャークッキーパン、カマンベールロール、クロワッサン、北海みつ酢ミルクロール

パン類はヴィエノワズリーの類しか食べませんでしたが、バゲット等も揃っています。

ムースショコラブランフレーズ、キャラメルポワール、クレームフロマージュ、ムースショコラブラウニー


北海道チーズワイン、北海道カラメルカステラ、ショコラフランボワーズ、抹茶黒蜜ケーキ


ホワイトチョコムース?、ピスタチオのミルフィーユ?、キャラメルショコラ


ポティロンフロマージュ、杏仁豆腐


デザートの作りも丁寧ですね。
ブッフェの内容が充実していると、何となくもっと高みを求めてしまうのですが、
ブッフェで提供されるデザートとしては十分な品質を保っていると思います。
ポティロンフロマージュはカボチャの甘さとチーズの酸味がよく合っていて気に入りました。

ウーロン茶


ロンネフェルトのティーバッグは健在でした。


ドリンクは特に変化なく、このほかオレンジジュースやアップルジュース、
ホットコーヒーなどが料金内でお代わり自由、
追加料金によるワインやヘルシードリンクのフリードリンクも継続されています。

こちらのお店には、内容に関しては文句のつけようがないですね。
もうすぐオープン10周年ですが、その間品質を維持していることに驚くばかりです。
ただ今回は、(こちらのお店としては)やや短いインターバルでの訪問だったので、
新鮮さというか、特別な満足感には乏しい思いもありました。
やっと落ち着きやすい楽しみ方を見つけられそうなところでしたが、
こちらのお店には、少し間隔を開けた方が満足感は強いような気もしました。

店内の様子は、当然のように定刻当初から予約と少数の当日客で満席になっていました。
予約の場合は閑散期の平日以外は基本的に90分制限となりますが、
カウンタ席に案内されると明確な制限時間の案内はありません。
ただし13:00以降、入れ替わりで入店する客もカウンタに案内されたりするので、
やはりあまり長居はしないほうがいい雰囲気でした。

例によって、35階からの景色です。



この日は時折吹雪になるような雪の強い日でしたが、混雑とはあまり関係ないようですね。
comments(2)|trackback(-)|JRタワーホテル日航札幌|2013-01-19_19:32|page top

コメントの投稿

非公開コメント

No title
カフェ「セリーナ」では、11月9日(日)11:30より
「スイーツブッフェ」を開催します。

↑こんなお知らせがありました。
残念ながら満員だそうで…12月は行けるかな?
No title
どうもです。レスが遅れてごめんなさい。
どうやらそのようですね。
10月は都合でいけなかったのですが、実は11月も都合で行けないのです(汗)
12月はちょっと期待してみたいですね。