バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

Patisserie du chef Fujiu


Patisserie du chef Fujiu
(パティスリー・ドゥ・シェフ・フジウ)のガレット・デ・ロワを買いました。

何と、丸井さんの催事に来ていました!
1月5日(土)~6日(日)の2日間のみの販売で、もう終了していますが…


ガレット・デ・ロワ(3,000円)



直径20cmくらいのものです。

表面の艶も層の加減もよかったですが、やはり空輸されるだけあって、
少し食感が「馴染んだ」ような印象がありました。

とはいえサクサクの食感は保っていたし、(たぶん)フランジパーヌの甘さもいいですね。
こちらのお店の焼菓子には、「信頼感」「安心感」という言葉が本当に相応しいと思います。

王冠(ロワ)はこんな感じで、特にサイズは合わせていないようですね(汗)


カットするとこんな感じです。



フィユタージュは層と層の間に空洞が多く、
切るときに崩れそうになって、きれいに切れませんでした。

フェーヴは別添で、


中には代わりにアーモンドが入っていました。





ちなみに今回の催事はガレット・デ・ロワのみの販売で、こちらのお店のほか、
パティシエ・シマ、ビゴの店、ガトー・ド・ボワから出品されていました。
全てシェフがクラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ役員で、
通常時から通販対応しているお店なので、今回の出品はむべなるかな、とは思うものの、
これだけ錚々たるお店を札幌の催事で見かけるのは珍しいですね。
見つけてすぐに買うことが出来てよかったです。
comments(0)|trackback(-)|未分類(東京・甘味)|2013-01-06_18:41|page top

コメントの投稿

非公開コメント