fc2ブログ

バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

京王プラザホテル札幌(グラスシーズンズ)


京王プラザホテル札幌
(グラスシーズンズ)
札幌市中央区北5条西7丁目 TEL011-271-3238
11:30~14:00(土日祝は~15:00)ランチバイキング
大人1,800円 65歳以上1,600円 小学生900円 6歳以下450円(月~金)
大人2,000円 65歳以上1,800円 小学生1,000円 6歳以下500円(土日祝)
(全て税サ込、3歳以下無料)
 
 ●11:00頃から店頭にて受付開始。定刻と共に入店
 ●全席禁煙
 ●予約は10名以上から?(要確認)

10月のランチブッフェに行きました。




10月からは「アトリエ ドゥ レギューム」と銘打ち、野菜料理が充実しているそうです。

以下、お店のHPから引用です。

「カラフルな野菜が描く華やかな秋。
滋味あふれる大地の恵みをヨーロッパスタイルでお楽しみください。」

野菜料理が主体とはどんなものか、ちょっと心配と言うのか、非常に気になるところですが…


メニュー表(クリックで拡大します)



ブッフェ台の様子
































そして、以下が「アトリエ ドゥ レギューム」の様子です。









いわゆる生野菜コーナーがより華やかになっていますね。

仔牛のカツレツ ミラノ風 秋野菜のカポナータ添え

「カリッと香ばしい仔牛のカツレツにカポナータを添えて、一皿ずつシェフがサーブします。」


道産豚肩ロース肉のロースト ノルマンディー風

「ふっくらジューシーなローストポークと甘酸っぱいアップルソースの相性は抜群。」


ルッコラと松の実のスパゲッティ

「さわやかでコクのあるルッコラのジェノベーゼに松の実のアクセントを添えて。」

以上が実演で、説明文は例によってHPから引用です。
仔牛のカツレツは従来と趣を変えていて、一品ずつ盛り付けしたものを提供しています。
極力作り置きをせず、きちんと手を掛けた料理を食べられるのがいいですね。
カポナータの下にはさらにリゾットが敷かれていて、メインディッシュに相応しいつくりだと思います。
その他の実演は従来と同じ傾向のもので、定番的な安心感も味わえるのがよかったです。

ローストビーフの冷製サラダ添え(土日祝限定)

品質は申し分ないですね。バジル(?)の風味がよく合っていました。


塩鱈のヴァプールと白菜のブレゼ、秋鮭のピッツァイーオラ


ホワイトマッシュルームとブラウンマッシュルームとじゃがいものソテー、パンコントマテ


真イカと大根のトマト煮、さつまいものオレンジ煮


牛肉の煮込み カレー風味 バターライス添え、仔羊肉と野菜のグーラッシュスープ


特製ハニーミルクジャム(土日祝限定)、ブルーチーズムース、クロワッサン

その他ブッフェ台の料理も、おおむね傾向は変わらないようですね。
秋鮭のピッツァイーオラは、鮭にピッツァ風のトッピングをしたもので、
特に実演ではないですが、スタッフがその場で切り分けて提供していました。
またさつまいものオレンジ煮は、オレンジの風味が強く効いていてよかったです。
牛肉の煮込みは、カレー等のカジュアルな料理に対する希望に応えるためと思われます。

以下は「アトリエ ドゥ レギューム」コーナーにあったものです。

野菜スティック、カボチャの冷製スープ


鶏モモ肉のコンフィとキノコのサラダティエ、じゃがいもとタコのサルサベルデ、
ズッキーニのスカペーチェ、茄子のピクルス、長ネギのマリネ、ペペロナータ、
季節の野菜のスペイン風オムレツ、玉ネギのキッシュ

ブッフェ台は華やかに配置されていましたが、よく見ると従来の野菜料理と大きく変わらないようです。
そして(数ヶ月前からですが)肉や魚などの手を掛けた前菜や、青い葉ものの野菜も姿を消していました。
ただ野菜料理を華やかに見せる演出や、オリーブオイルやドレッシング、豊富なトッピング等は印象がよかったです。
実演などのメイン料理をオミットせずに、「脇役」的料理からコストダウンをしていくのは、
お店を運営する上でのセオリーだと思うし、品質の低下した印象はなかったので、歓迎したいですね。

実演デザート
深川産ゆり根のモンブラン

「ほうれん草のスポンジとミルクムースにゆり根のペーストを絞った、野菜たっぷりのヘルシースイーツ。」

以上HPより。百合根のペーストはあっさりしていて、ミルクの風味の方が強く感じました。
月に跳ねるウサギをイメージした盛り付けは、見ていて楽しかったです。


パンプキンパイ、モカドーム、ルバーブとピスタチオのシュニッテン


ハスカップジュレ、黒ゴマプリン

デザートはおおむね従来通り、今月はややあっさりというかさっぱりした印象です。

ドリンクは特に変化なく、豊富に揃っていました。

今月は、野菜料理を打ち出した内容に、若干の不安を感じないこともなかったのですが、
杞憂に終わり、ホッとしました。上記のようにオミットした部分もあるようですが、
それを逆手にとって「ウリ」にするあたり、お店の余裕を感じます。
来月以降も楽しみですね。

店内の様子は、13:00頃までに8割前後の入り、というところで、
ここ最近の程よい賑わいを維持していて、落ち着いて過ごすことが出来ました。
comments(3)|trackback(0)|京王プラザホテル札幌|2012-10-06_20:59|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
こんばんは。
実はスイーツも野菜系でしたし、どうなのかと私も正直思っていましたが、がらっと方向転換したような内容でもないですし、安心しました。
トマトやオリーブの見せ方も綺麗ですし、あまり野菜は得意ではありませんが、ピクルスやマリネなどもちょっと変わったのがあるようなので、味わってみたいと思います。
でも、一番の本命はカツレツですね。美味しそうです。
No title
僕も新聞で見て心配になった(?)ので
10月早々行って来ました。

個人的に、以前と極端に変わったわけではなくて一安心でした。
肉、魚など、バランスよく揃っていた印象です。

新聞のあの情報だけだと「くるるの杜」のように
本当に野菜中心のビュッフェになってしまったのかと・・・。

これで来月からも安心して利用できます(笑
No title
どうもです。

>naokoさん
そういえばデザートも百合根やかぼちゃなど、野菜が使われていますね。
全体には従来の傾向を維持しつつ、野菜も打ち出していこうという感じですね。
肉類等の実演も従来通り充実しているので、満足感は感じられると思います。
来月以降も期待できそうでよかったです。

>とまぽんさん
私はいわゆる「自然食バイキング」自体はそれなりに好みなのですが、
こちらのお店がそうなってしまうのはちょっと抵抗があったので、
そうならなくてよかったです。
実演のスタイルも少し変わっていますが、今後このまま継続するのか、
ちょっと気になるところです。来月以降も目が離せないですね。