fc2ブログ

バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

09 | 2023/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

さっぽろスイーツカフェ(2012年3月・再訪)

Sapporo Sweets Cafe(さっぽろスイーツカフェ)にて。


3月23日(金)から先行販売している、「さっぽろTOMATOフロマージュ」を頂きました。


さっぽろTOMATOフロマージュ(441円)

「さっぽろスイーツ2012」グランプリ作品です。

今年はショコラティエ・マサールの山脇 聡史さんの作品がグランプリとなりました。
以下、お店のHPから引用です。

「日高産フロマージュブランを使用したムースで、道産トマトのコンポートジュレ、
ほうれん草&バジルのスポンジ生地を包み込み、真っ赤なトマトのナパージュでコーティング。
ムースの中にはサクサクのパールクラッカンで食感にアクセントを。
仕上げに飴飾り、ミニトマト、タイムで彩りよく飾りつけています。」

以上引用終わりです。
とのことで、トマトやバジル、レアチーズの風味が活きていて、
まるでイタリアンのアンティパストを頂いているような錯覚に陥ります。

それではまるで、これは甘味ではないと言わんばかりですが、
素直に甘味として味わうことができました。
トマトの風味に甘味としての味わいを崩すほどのクセを感じなかったためだと思います。
従来の「さっぽろスイーツ」よりやや洗練された印象もあって、なかなかよかったです。

ショコラティエマサールでの販売は、4月以降となるそうで、
一足先に味わうことができるのはいいですね。
一日30個の限定だそうなので、早めの時間帯に行くのがいいと思います。


さて、以下はまた別の日に食べたものですが…


クリームチーズ(420円)

「クリームチーズのクリームをサンドし、すりおろしたゴーダチーズをたっぷりと乗せた、塩味がくせになる味わい」


フレーズ(450円)

「大きく食べ応えのある、ココアスポンジのショートケーキ」

以上は「サンモリッツ」のケーキです。
クリームチーズは、懐かしいチーズの味わいがあって、説明文の通りクセになりますね。
現在のチーズケーキに繋がる味わいとはまたちょっと異なりますが、
甘味とうまく組み合わせていると思います。
フレーズは、こちらは素直に懐かしい、シンプルなチョコショートという印象です。
こういうケーキは、ふと食べたくなることがありますね。

ワッフル(200円)

「和菓子屋さんが作る、貴重な昔ながらのワッフル。濃厚なカスタードがたっぷり」

職歴61年(!)というベテランの職人、
「三恵堂」の三上寿恵雄さんが作るワッフルだそうです。
今食べても、ただ「懐かしい」というだけでなく、丁寧で印象に残る味わいを感じさせてくれます。
この貴重な機会に、是非頂いておきたいですね。

こちらのお店(さっぽろスイーツカフェ)では、お店が軌道に乗っても、
さまざまなフェアやイベントを実施してくれるのが嬉しいですね。
これからも私達を驚かせてくれるような企画を期待したいところです。
comments(0)|trackback(0)|さっぽろスイーツカフェ|2012-03-26_20:40|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント