fc2ブログ

バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

全記事表示リンク

PIERRE HERME

伊勢丹のPIERRE HERME(ピエール・エルメ)にて。


エルメでケーキを買うのはいつ以来でしょうかね?
本当はニューオータニのエルメで買いたかったのですが、目当てのケーキを扱っていないようだったので、
伊勢丹で買うことにしたのです。


Depayse(デペイゼ )



「あずきと抹茶の組み合わせという1990年代末に考案した基本を維持しながら、さらなる超越的な高みを目指した作品。
柔らかなマカロン生地の間には、あずきを中に含んだほろ苦い抹茶クリーム。このあずきは砂糖、ショウガ、ビネガー、
レモンゼストによって、楽園を思わせる至高の味に仕上がっています。それはまるで、美しい衣をまとって美食の王宮に宿り、
抹茶と結婚して“デペイゼ"(異国情 緒)を演出しているかのように…」

Ibiza (イビザ )



「スペイン領イビザ島の街にちなんだガトー。ピスタチオ、アーモンド、オレンジの協演が、
テクスチャーのコントラストによって引き立てられ、五感の旅にいざなう美しい地中海を思わせる風味にあふれています。
全ての層を一緒に召し上がると、さらに美味しさを満喫していただけるでしょう」

説明は共にお店のHPから引用です。
デペイゼの、ショウガやレモンの風味と言うのは、抹茶や小豆に合うのかどうかと思いましたが、
想像よりずっと自然な味わいでした。そういえば「芝舟」等もショウガの風味がありますね。
抹茶やあずき(いわゆるつぶあんです)という素材は、
フランス菓子として受け入れられているのでしょうかね?
抹茶はともかく、あずき(あんこ)の味わいというものが、
どのくらい定着しているのかちょっと気になりますね。

イビザはフロランタン風にキャラメリゼしたアーモンドの風味が、
特に引き立っていたと思います。デペイゼよりもさらに素直に味わうことが出来ました。


このところ店舗が急速に増えている気がしますが…

エルメの新作を食べるのは久しぶりな気がします。
また今後は目を向けてみたいですね。
comments(0)|trackback(0)|ピエール・エルメ|2011-10-30_21:00|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント