fc2ブログ

バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

東京ドームホテル(リラッサ)


東京ドームホテル
(リラッサ)
東京都文京区後楽1丁目3-61 TEL03-5805-2277
11:30~15:00ランチバイキング(90分)
大人2,940円 4歳~小学生1,260円
17:00~21:30ディナーバイキング(120分)
大人4,200円 4歳~小学生1,260円 65歳以上3,675円
(すべて税サ込)

 ●定刻10分ほど前に開始
 ●禁煙・喫煙席の別あり
 ●ランチは90分、ディナーは120分制限

ランチに初訪問してみました。




2011年9月1日(木)~11月30日(水)まで、
「北海道フェア2011~選りすぐり素材の美味づくし“道級グルメ”~」を実施中です。



月替わりで第一弾~第三弾とメニューが変わるようです。
今回の訪問は9月中で、まだ第一弾の期間中でした。


ブッフェ台の様子






















食べたもの
ズワイ蟹 流氷盛り

この状態で提供されています。
他に実演メニューもありますが、これがいちばんの目玉のように思いました。

身の詰まり方も、ブッフェとしては立派なものです。


これには驚きました。ブッフェで食べたカニの中では、いちばんのボリュームと品質かもしれません。

函館朝市風 海鮮コーナー

刺身も何種かありました。
こちらはまずまずの品質という感じです。

ローストビーフ

「北海道」と直接関係あるわけでないですが、実演の定番のようです。

この価格帯の実演としてはなかなかの品質を保っていると思います。

十勝産生クリームの味噌カレーラーメン

実演調理していました。

麺は細く、ラーメンという感じはあまりしませんでした。
スープは独特のもので、「北海道」らしさとはあまり関係がないようですね。

北海道天麩羅

マイタケ、ワカサギ(?)、かぼちゃ等がありました。
北海道産(?)ということのようです。
オープンキッチンで揚げていて、人気がありました。

鉄板ジンギスカン、十勝 帯広名物"豚丼"

シンプルな味わいで、なかなかよかったです。
ジンギスカンはあまり羊肉の「くさみ」がなく、食べやすかったです。
(その分物足りなさもありますが…)

鮭ちゃんちゃん焼き、オムレツ、ポテトグラタン、釧路ザンギ

釧路ザンギは、鶏胸肉に片栗粉をつけて揚げただけのシンプルなもので、
ウスターソースが添えてありました。私たちが普段「ザンギ」と呼んでいるものとは、
だいぶ異なるようですが、釧路のザンギはこういうものなんでしょうかね?

興部町冨田ファーム"香しずく"と日原さんのとことんかぼちゃの冷製スープ、リゾット


エビチリ、中華炒め物各種

品名は失念しました(汗)
中華は特にフェアメニューではなく、定番のようですね。

パスタトマトソース、麻婆豆腐、チャーハン


栗山町日原メロン カッティングサービス

やや実の固いものでしたが、甘さはしっかりして、よかったです。

ロールケーキ、日原さんのとことんかぼちゃのベイクドケーキ、ドゥーブルフロマージュ


キャラメルタルト、タルトポワール


北海道ミルクのブランマンジェ、ハスカップゼリー

デザートもなかなかいいですね。
実を言うとケーキ類は、見た目に期待して食べてみると、
少しだけ期待値より低い味わいなのですが、それでも立派なものだと思います。

ウーロン茶

ドリンクはウーロン茶、オレンジジュース、コーラ等清涼飲料、
ホット・アイスのコーヒー・紅茶がありました。

全体に、バイキングの醍醐味を味わうことができて、とてもよかったです。
事前に「品数ばかりで大味」というような評判も聞いていたので、大きな期待はしていなかったのですが、
私自身忘れかけていたような、「バイキングの高揚感」を味わえたような気がします。
確かに上質なものばかりではないですが、おおむねバイキングとしては十分な品質は保っていたし、
それに何より、カニやローストビーフ、メロン等、実演や目玉的メニューがなかなか上質で、
メニューにメリハリがあり、いい印象が残りやすい工夫がされていたと思います。
制限時間が90分ということだけが残念ですが、とても賑わっていたので、やむをえないと思います。
私の個人的な楽しみ方ですが、多くの種類を食べ尽くそうとするよりは、
目当てのものを絞って食べるほうが、満足感は強いように思いました。

店内の様子は、定刻当初であれば予約なしでも入店可能なようでしたが、
途切れず入店があったようで、12:30くらいまでにはほぼ満席になっていたようです。
380席(!)もあって、平日の状態でこの状況ですから、
週末やイベント時期などは、かなりの盛況が予想されます。
確実に訪問したい場合は、予約をするのがいいと思います。
またブッフェ台もそれなりの混雑はあったものの、分散しているので、
滞在客数から想像されるほどの混雑ではなかったと思います。
comments(2)|trackback(0)|東京・ホテルブッフェ|2011-10-04_20:51|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
こんにちは、お久しぶりです。
修様は足しげく東京にもいらっしゃってるのですね。
私も北海道出身ですので、北海道フェアはより関心を持って見てしまいます。
札幌のホテルブッフェと比較すると割高感がありますが、刺身とズワイガニがそれを帳消しにしてくれているのかもしれませんね。
デザートの質のくだりはとっても参考になりました。こうしたちょっとしたコメントがあるからGURUGURUは止められません
(偉そうでスイマセン)
No title
どうもです。
私も東京でのブッフェで北海道フェアがあると、何だかうれしくなります(笑)
東京のブッフェは、料金は高価ですが、その分内容が充実しているので、
私はあまり割高とは思っていないです。
デザートや、その他のコメントについては、ただ感じたことを書いただけで、
それほど参考にはならないと思います(汗)