fc2ブログ

バイキングGURUGURU+

札幌のバイキングと甘味を食べ歩きます。

プロフィール

Author:shuw0

カテゴリ

カレンダー

09 | 2023/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

琉球ダイニングちゅらり札幌店


琉球ダイニングちゅらり札幌店

札幌市中央区南1条西2丁目5南1条KビルB1 TEL011-241-8131
11:30~15:00ランチバイキング
大人1,200円 小学生600円 幼児300円
(全て税込、2歳以下無料)

 ●定刻と共に入店
 ●全席禁煙

4月13日から開始した、沖縄料理のランチバイキングだそうです。



一応お店のHPにリンクを張りましたが、詳細はぐるなびの方が詳しいと思います。



シーサーがかわいいですね。


店頭のチラシには、4月いっぱい有効のクーポンが付いていました。




またチラシには、バイキングのメニュー表も付いていました。


ブッフェ台の様子








麺類や揚げ物等はこちらの表に記入してオーダーするそうです。

ただし「ブッフェ台に並んでいない場合は申しつけ下さい」
という旨の表示も見かけたので、混雑時等の状況は未確認です。 

沖縄そば(小)

刻んだ紅ショウガの味わいが強く効いていました。

太めの、うどんのような麺でした。


「こーれーぐす」という、とても辛い調味料をかけて頂くそうです。

一応沖縄そば用の薬味として提供されましたが、
他の料理にかけても合いそうでした。

揚げ物盛り合わせ

右から順に、ゴーヤ天ぷら、スパム天ぷら、島らっきょ天ぷら、
ヒラヤーチ(沖縄風チヂミ)、紅芋コロッケ、ドゥル天だそうです。
ドゥル天とは、田芋という沖縄のお芋をすり身にして揚げたもののようです。
珍しい食感と味わいでした。

紅芋コロッケは鮮やかな紫色でした。


鶏の唐揚げ

脂身の少ない、サックリした食感でした。

海ぶどう

海ぶどうは一人一品限定です。プチプチした食感が面白かったです。
あまりよく知らなかったのですが、高価なもののようですね。

以上がオーダー制メニューです。
混雑もなかったので出てくるのが早く、出来たてを食べられるのがいいですね。

タコライス

自分で好きなように具材を盛り付けることが出来ます。
具材にはひき肉、チーズ、トマト、レタスに、温泉卵がありました。

温泉卵は半熟の黄身が流れ出して、ご飯によく合っていました。

ソーキの炙り焼き、グルクンの甘酢和え、日替わりチャンプルー、
麻婆島豆腐、人参シリシリ

沖縄の惣菜も多数揃っていました。ソーキとは豚バラ肉のことだそうで、
ソーキ炙り焼きは香ばしい風味が気に入りました。
グルクンは沖縄近海で獲れる白身の魚だそうです。
日替わりチャンプルーは、この日はもやしチャンプルーでした。

ラフテー、ジーマミー豆腐

ラフテーは沖縄風の豚の角煮です。ポピュラーとは思いますが、念のため。
ホロホロに煮込んでいても、豚肉の味わいが残っていました。
ジーマミー豆腐とは、ピーナッツで作った豆腐だそうです。
言われてみると、少しピーナッツの風味がありました。

アーサー出汁巻き

アーサーとは沖縄の海藻だそうです。

蒸し野菜(人参、紅芋、南瓜)


ミックスサラダ

生のゴーヤはとても苦く、それでもクセになる味わいでした。

島豆腐とアーサーのすまし汁

この他に、ミミガーやテビチなど、いかにも「沖縄料理のイメージ」そのままの
料理も何品かあったのですが、個人的に苦手なので、食べませんでした。

サーターアンダギー、杏仁豆腐


黒糖ゼリー、マンゴープリン

デザートは比較的オーソドックスと言えるでしょうかね。
サーターアンダギーは沖縄らしさがあってよかったです。

ドリンクはウーロン茶(ホット・アイス)、サンピン茶(ホット・アイス)、
オレンジジュース、グレープフルーツジュース、グァバジュースがありました。

サンピン茶(アイス・ホット)




グァバジュース


全体に、沖縄料理の個性を十分感じられてよかったです。
一部に本格的で好みの分かれる料理もありますが、食べやすい料理も多いと思います。
この料金としては内容も充実していて、基本的に手作りの味わいがあり、
特にオーダー制の麺類や揚げ物などはよかったです。
ディナータイムの単品メニューと同等のものも、多く提供しているようでした。

店内の様子は、席数自体があまり多くなく、多めに見て3~40席もあるでしょうか。
12:30くらいまでに6~7割の入り、特に混雑は感じませんでした。

内容はとてもよかったですが、この料金としては破格の内容で、
今後の継続が心配になるところです。
居酒屋やレストランバー等のランチバイキングというものは、
ディナータイムの集客を増やすために実施するものだと思うので、
客側としても、時間帯を問わずに訪問してお店を盛り上げるよう心がけて、
今後も長く継続してもらえるようにお願いしたいですね。
comments(4)|trackback(0)|札幌・その他のブッフェ|2011-04-23_20:22|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
ミミガー、テビチですか食べて~(笑)。無理をせずに長続きして欲しいですな、一ヶ月以内に札幌に行く予定が有るので時間が合えば食べてみたいです。
No title
どうもです。
ミミガーやテビチ、私の分までぜひ食べてみてください(笑)
本当に、無理をせず長く続けて欲しいですね。
カキコミ遅れましたが。
お久しぶりです。
実は6/5に行って来ました。
ラフテー(豚の角煮)はしょっぱかったですが、
全体的に美味しかったです。
ラフテーは変なステーキ食べるよりいいかもしれません。
ゴーヤの天ぷらの苦味は強烈でした。
ミミガーやテビチもしっかり食べてきましたよ。
この値段でこれだけの料理でしたら、
お得な感じがしました。
これに「ヤギ汁」入っていたら、
食べれますか?
自分は分かりません。
No title
どうもです。
クーポンがなくなっても、内容を維持して継続しているならよかったです。
ヤギ汁は文字通りヤギ肉の汁物のようですね。
においが強いらしいので、好んで食べることはないと思いますが、
羊と傾向が同じなら、食べられなくはないのかな…
とも思っています。甘いでしょうかね(笑)